本文へスキップ
ホーム ニュース 教会案内 礼拝放送 教育 ワーシップ賛美 お問合わせ リンク

教会ニュース

FGFC最新情報  トップへ
  
 今週の案内 2019年 02月24日 週報    
 2月27日(水)
am10:40
 ヨイド純福音教会 李 永勲堂会長 をお迎えしての特別礼拝です。
   
   
   King's College Japanのご案内
 
 
2019年度のスケジュール
 
         第U期 4/28(日)〜29(月)
         第V期 7/14(日)〜15(月)
         第四期 11/3(日)〜 4(月)


   ※ 2019年度の講義は、聴講生以外の方は
     各講義のレポートを提出してください。


   
   mail : fgfc@fgfc.jp     TEL : 092-504-5805  ( 090-3665-8297 )
   
   
   
   
   2019年 8月8日(木)〜16(木) イスラエル聖地旅行があります。
   イスラエルスケジュール表 <PDFへリンク> 
   航空日程表 <PDFへリンク>
   
   
   
2018年 3/21〜23   済州ギャザリングが、国際コンベンションセンターで開催されます。
http://www.watchmen.org/ja/gatherings-ja/global2018ja/
   
   
宣教協力献金   ※ 宣教ご協力を心から感謝致します。

振込み口座
福岡銀行  大橋支店  普通  2264819
純福音福岡教会フルゴスペルフクオカチャーチ 


ゆうちょ銀行
17430   53059821
純福音福岡教会フルゴスペルフクオカチャーチ
 お知らせ  新来者向けのメッセージをホームページで見ることが出来るようになりました。
   
お祈りください 金ダニエル先生のギャザリングでの働きのため、続いてお祈りください。
   
   

香港ギャザリング
Liveが見れます。
http://www.japangathering.org/gathering/asia2015/
 
ホームカミング http://japangathering.org/
http://822call.org/ja
   
Gathering in 福岡

2015年1月

 
賛美と祈りと礼拝 24時間祈りの一環として、毎日 pm7:00からホサナ室で賛美と祈りと礼拝が始まっています。 恵み溢れる時間となっています。
ともに参加しましょう。
 
   
   
2013年2月 モバイル3G回線、ADSLなど低い速度のネット接続からも動画を見たり、音声ファイルを聴いたりすることが出来るようになりました。主の栄光のために用いてください。http://www.fgfc.jp/mobgyoumu.html
   
2013年2月  ライブ放送、再放送がアプリなしでそのままiPhone、iPad、android phone、android tab等、ほぼ全ての機器で見れるようになりました。ライブ放送、再放送のページに行って動画画面の中央の横三角刑をクリックすれば見ることが出来ます。又、画面の右下の方をクリックすると全体画面で見ることが出来ます。早天のライブ放送、再放送も始めました。主の栄光のために用いてください。 Ustreamでライブ放送や再放送を見ることが出来なかった方々もこれからは、本教会のサイトから全て見ることが出来ます。尚、インターネット回線が遅いadslやスマートフォンの3g回線などでも見れるようにページを作っています。しばらくお待ちください。 
   
2013年 礼拝ワーシップ賛美の再放送ページがリニューアルされました。
スマートフォン(iPhoneとアンドロイドフォン)、Podcast/ipad、ipod等ほぼ全機器で再放送が見ることが出来ます。みことばとワーシップ賛美で主の恵みの数々を覚えられますよう祝福致します。
   
2013年 聖書学校が恵みのなかでスタート致しました。 感謝します。 
つづけてみことばを共に学び恵まれ、力を受けましょう。

毎週日曜日 午後7:00〜10:00(第一週目の日曜日はお休みです。)
アルバム  トップへ


   
         
2018年10月10日


FGFC
33周年記念礼拝

         
        
2018年12月23日


FGFC
クリスマス祝会

         
     




主日説教集  トップへ
2019年 2月 17日  「 女の子孫と蛇との戦い」  創世記 3:15
 

「神である主は土地のちりで人を形造り、その鼻にいのちの息を吹き込まれた。そこで、人は生きものとなった」人間が堕落して後、聖霊が離れた人間を悪魔が支配しました。このような人間を悪魔の支配から解放するために神さまがされたことが「わたしは、おまえと女の間に、また、おまえの子孫と女の子孫との間に、敵意を置く。彼は、おまえの頭を踏み砕き、おまえは、彼のかかとにかみつく」(本文)初めの福音です。女の子孫はイエス・キリストです。私たちは男の子孫、アダムの子孫です。神さまが蛇の頭、死を踏み砕くと言われます。

1. 蛇の頭、死を踏み砕くために神さまを信じるアブラハムを呼びました。

信仰の先祖アブラハムと言われます「アブラハムの子孫、ダビデの子孫、イエス・キリスト」(マタイ1:1) と言われます。イエス・キリストはアブラハムの子孫です。アブラハムは神さまが呼んだ時、神さまの言葉を心の中で受け止め行動しました。そのアブラハムを神さまが祝福しようと彼と彼の子孫との間に契約を結びました。アブラハムに約束した土地と子孫の約束を神さまが果たすと言われました「日は沈み、暗やみになったとき、そのとき、煙の立つかまどと、燃えているたいまつが、あの切り裂かれたものの間を通り過ぎた」(創世記15:17) 切り裂かれたとはイエス・キリストが十字架上で引き裂かれたことです。それをたいまつ、聖霊さまが通り過ぎ照らしました「私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます」神さまの契約・アブラハムの契約・恵みの契約・愛の契約を私たちが信じる信仰によって義と認められ神さまの子孫となります。イエスさまは私たちのため十字架上で死にましたが三日目によみがえられ、敵の頭・サタンの頭を踏み砕きました。

2. アブラハムの子孫たちに与えられた祭りです。

 七つの祭りのすべてはイエス・キリストのことを預言しています。過ぎ越しの祭りは、第一月の十四日午後三時に過ぎ越しのいけにえイエス・キリストが十字架につけられました。この月の十五日は、主の種を入れないパンの祭りにイエスさまは葬られ、私たちの罪・呪い・病・死の全てをよみの火の中に投げ込みました。その翌日十六日が初穂の束の祭り、イエスさまが私たちの初穂の束、よみがえられました。私たちもイエスさまのようによみがえります。ペンテコステの祭り、イエスさまが四十日間弟子たちと過ごした後「エルサレムを離れないで父の約束を待ちなさい」と言われました。彼らは十日間みなが一つ所に集まって一所懸命祈り五旬節の日(五十日目)聖霊を受けました「エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、地の果てまで」福音を宣べ伝えるようにしてくださいました。地の果てはエルサレムに始まりエルサレムに戻ることです。ユダヤ人たちが福音を受け入れた時イエスさまが再臨されます。ラッパの祭り・贖罪の祭り・仮庵の祭りがイエス・キリストの再臨に関することです。エルサレムで救われた民ユダヤ人が最後に『祝福あれ。主の御名によって来られる方に』(マタイ23:39)と言うときにイエスさまが再臨されます。

3. ユダヤ人が憎まれ迫害される理由。

天の父なる神さまが「おまえと女の間に、おまえの子孫と女の子孫との間に、敵意を置く」と言われました。このアブラハムの子孫を通してイエスさまが来られ、また、再び来られます。この祭りを祭っている彼らをイエスさまが来られる初臨の時殺そうとしました。パロが生まれた男の子はみなナイルに投げ込まなければならないと命じアマレク人ハマンは全てのユダヤ人を根絶やしにし殺そうとしました「ヘロデ王はベツレヘム二歳以下の男の子をひとり残らず殺させた」再臨の時もイエスさまを招くユダヤ人を憎んでいます。彼らがイエスさまを信じないようにカトリック教会を中心に400年間十字軍を起こし彼らを虐殺しました。マルティン・ルターもユダヤ人を憎み、ヒットラーはユダヤ人600万人を殺害しました。エチオピア正教会もユダヤ人を憎み迫害しています。19世紀から宣教師たちによってエチオピアのユダヤ人クリスチャンたちが生じるようになりました。これをパレシュムラと言います。彼らが、エルサレムに帰還しイエスさまを心から歓迎し信じて受け入れるように私たちが切に祈ることがイエスさまの願いであり、主の御心です。

 

 

 

   




 2012年 説教集

 2011年 説教集

 2010年以前の説教集
今週の御言葉  トップへ
02月24日(日)〜03月02日(土)

日付 曜日 早天 家庭礼拝
02月24日 (日) 箴   言 11 詩   篇 84 : 1~12
02月25日 (月) 箴   言 12 箴   言 12 : 28
02月26日 (火) 箴   言 13 箴   言 13 : 01
02月27日 (水) 箴   言 14 箴   言 14 : 26
02月28日 (木) 箴   言 15 箴   言 15 : 30
03月01日 (金) 箴   言 16 箴   言 16 : 20
03月02日 (土) 箴   言 17 箴   言 17 : 22

御言葉を見るために聖書箇所をクリックしてください。