本文へスキップ
ホーム ニュース 教会案内 礼拝放送 教育 ワーシップ賛美 お問合わせ リンク

教会ニュース

FGFC最新情報  トップへ
  
 今週の案内 2019年 03月17日 週報    
   
 3月24日(日)
pm 5:00
 ヨイド純福音教会 李 永勲堂会長 をお迎えしての特別礼拝です。
   
   
   King's College Japanのご案内
 
 
2019年度のスケジュール
 
         第U期 4/28(日)〜29(月)
         第V期 7/14(日)〜15(月)
         第四期 11/3(日)〜 4(月)


   ※ 2019年度の講義は、聴講生以外の方は
     各講義のレポートを提出してください。


   
   mail : fgfc@fgfc.jp     TEL : 092-504-5805  ( 090-3665-8297 )
   
   
   
   
   2019年 8月8日(木)〜16(木) イスラエル聖地旅行があります。
   イスラエルスケジュール表 <PDFへリンク> 
   航空日程表 <PDFへリンク>
   
   
   
2018年 3/21〜23   済州ギャザリングが、国際コンベンションセンターで開催されます。
http://www.watchmen.org/ja/gatherings-ja/global2018ja/
   
   
宣教協力献金   ※ 宣教ご協力を心から感謝致します。

振込み口座
福岡銀行  大橋支店  普通  2264819
純福音福岡教会フルゴスペルフクオカチャーチ 


ゆうちょ銀行
17430   53059821
純福音福岡教会フルゴスペルフクオカチャーチ
 お知らせ  新来者向けのメッセージをホームページで見ることが出来るようになりました。
   
お祈りください 金ダニエル先生のギャザリングでの働きのため、続いてお祈りください。
   
   

香港ギャザリング
Liveが見れます。
http://www.japangathering.org/gathering/asia2015/
 
ホームカミング http://japangathering.org/
http://822call.org/ja
   
Gathering in 福岡

2015年1月

 
賛美と祈りと礼拝 24時間祈りの一環として、毎日 pm7:00からホサナ室で賛美と祈りと礼拝が始まっています。 恵み溢れる時間となっています。
ともに参加しましょう。
 
   
   
2013年2月 モバイル3G回線、ADSLなど低い速度のネット接続からも動画を見たり、音声ファイルを聴いたりすることが出来るようになりました。主の栄光のために用いてください。http://www.fgfc.jp/mobgyoumu.html
   
2013年2月  ライブ放送、再放送がアプリなしでそのままiPhone、iPad、android phone、android tab等、ほぼ全ての機器で見れるようになりました。ライブ放送、再放送のページに行って動画画面の中央の横三角刑をクリックすれば見ることが出来ます。又、画面の右下の方をクリックすると全体画面で見ることが出来ます。早天のライブ放送、再放送も始めました。主の栄光のために用いてください。 Ustreamでライブ放送や再放送を見ることが出来なかった方々もこれからは、本教会のサイトから全て見ることが出来ます。尚、インターネット回線が遅いadslやスマートフォンの3g回線などでも見れるようにページを作っています。しばらくお待ちください。 
   
2013年 礼拝ワーシップ賛美の再放送ページがリニューアルされました。
スマートフォン(iPhoneとアンドロイドフォン)、Podcast/ipad、ipod等ほぼ全機器で再放送が見ることが出来ます。みことばとワーシップ賛美で主の恵みの数々を覚えられますよう祝福致します。
   
2013年 聖書学校が恵みのなかでスタート致しました。 感謝します。 
つづけてみことばを共に学び恵まれ、力を受けましょう。

毎週日曜日 午後7:00〜10:00(第一週目の日曜日はお休みです。)
アルバム  トップへ


   
         
2018年10月10日


FGFC
33周年記念礼拝

         
        
2018年12月23日


FGFC
クリスマス祝会

         
     




主日説教集  トップへ
2019年 3月 10日  「干からびた骨が生きる恵み 」  エゼキエル 37:1〜14
 
 神さまが干からびた骨が、イスラエルだと言われます。

1. 「干からびた骨」イスラエルです。

 「人の子よ。これらの骨はイスラエルの全家である。彼らは『私たちの骨は干からび、望みは消えうせ、私たちは断ち切られる』と言っている」(本文11節)神さまはイスラエルをいのちと希望で満たし彼らを救って全世界の希望といのちを与える計画でした。イスラエルは豊かになって平安になると罪を犯し圧迫・苦しみがあると悔い改めるその繰り返しでした。彼らは偶像崇拝をして夫である神を捨て、彼らはバアル崇拝して70年間バビロンに捕囚の民となりました。徹底的に偶像崇拝の苦しみがわかり悔い改めた人々が70年ぶりにイスラエルに戻るようになりました。400年間預言者もなく律法の時代を過ごした暗黒の時代でした。ラッピたちが三位一体神さまを否定し神さまは唯一ひとりの位として教え、イエス・キリストが天の父なる神さまに『アバ。父よ』と呼ぶとイエスさまを異端扱いしイエスさまを十字架で殺してしまいました。福音が異邦人に広がりイスラエルの民はAD70年に全世界に散らされ希望も消えましが、神さまは永遠の契約を思い出し1900年ぶりに彼らを戻してくださいました「墓を開き、あなたがたをその墓から引き上げて、イスラエルの地に連れて行く」これが神さまであるということです。しかし、今も彼らはイエスさまを信じる人を迫害しています。異邦人の完成、特に日本人が救われリバイバルを受けると彼らは民族的に救われイエス・キリストを迎え入れます。その役割がイスラエルにあります。

2. 「人の子よ。これらの骨は生き返ることができようか。」(本文3節)

 全然希望がない「ひどく干からびていたこれらの骨は生き返ることができるか」と主は聞かれます。主が私にも『日本の教会は生き返るか』と言われます。主が答えを持っているので『生き返るか』と聞かれます。主が日本のリバイバルの道を知っておられる。これは主の啓示です。主が霊の目を開き、幻や夢、御言葉が御霊によって信じるようになります。イエスさまが主であることをすぐ信じるようになります。説明でなく聖霊の声、啓示です。ペテロが「あなたは、生ける神の御子キリストです」あなたは三位一体神さま、キリスト・メシヤです。私たちの救い主です。その告白の上に「教会を建てます。ハデスの門もそれには打ち勝てません」と言われます「キリストは、私たちの罪のために死なれたこと、葬られたこと、三日目によみがえられたこと」(第Ⅰコリント15:3-4)これが福音です。この福音によって干からびた骨が生き返りますが、そのなかに息がありませんでした。

3. 「息に預言せよ。」(本文9節)聖霊充満。

 聖霊さまによらなければイエスを主と告白できません。ペテロがイエスさまを主と告白しましたが、イエスさまは弟子たちに「エルサレムを離れないで」聖霊のバプテスマを受けなさいと言われました。「聖霊が臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの証人となります」(使徒1:8)聖霊に満たされたペテロがエルサレムで大胆に福音を語り3000名が救われ翌日5000名が救われました。エルサレムの教会に激しい迫害が起こった時、サマリヤの町にいたピリポによって福音が語られ、悪霊が追い出され中風の者や足のきかない者が癒され、その町に大きな喜びが起こった。そこには「バプテスマを受けていただけで、聖霊がだれにも下っておられなかった」ペテロとヨハネがエルサレムに下って行って「人々が聖霊を受けるように祈った。ふたりが彼らの上に手を置くと、彼らは聖霊を受け」福音が広がりました。使徒の働き10章でカイザリヤで百人隊長、異邦人に聖霊が下り、聖霊によって全世界が福音化され、地の果てのイスラエルに聖霊が臨むと、イスラエルがイエスさまを信じるようになります。北ジョージアで1日280名が洗礼を受けその翌日30名が洗礼を受けました。癌Ⅳ期で癌が体全体に広がっていた人が、洗礼を受け聖霊さまの働きで完全に癒されました。聖霊が激しく臨むと多くの人が救われ癒され大リバイバルが起こります。


 2012年 説教集

 2011年 説教集

 2010年以前の説教集
今週の御言葉  トップへ
03月10日(日)〜03月16日(土)

日付 曜日 早天 家庭礼拝
03月10日 (日) 箴   言 23 申 命 記 33 : 5と26〜29
03月11日 (月) 箴   言 24 箴   言 24 : 21
03月12日 (火) 箴   言 25 箴   言 25 : 21〜22
03月13日 (水) 箴   言 26 箴   言 26 : 28
03月14日 (木) 箴   言 27 箴   言 27 : 19
03月15日 (金) 箴   言 28 箴   言 28 : 14
03月16日 (土) 箴   言 29 箴   言 29 : 23

御言葉を見るために聖書箇所をクリックしてください。