<table id="bc_mv_sou124_tbl">
<tbody>
<tr> <td colspan="3">&nbsp;</td></tr>
<tr> <td style="width:15px;">&nbsp;</td>
<td>
<div id="bc_mv_sou124"></div>
<script type="text/javascript">
jwplayer('bc_mv_sou124').setup({
'id': 'bc_mv_sou124',
'title': '金曜礼拝 再放送',
'image': 'image/frimage.jpg',
'width': '400',
'height': '300',
'provider': 'rtmp',
'streamer': 'rtmp://220.110.172.236:1935/vod',
'file': '20160624souten.mp4',
'modes': [
{type: 'flash', src: '/js/player.swf'},
{type: 'html5', config:
{'file': "http://220.110.172.236:1935/vod/mp4:20160624souten.mp4/playlist.m3u8",
provider: 'video'
}
}
],
'plugins': 'gapro',
'gapro.accountid': 'UA-34530537-1'
});
</script>
</td>
<td style="width:15px;">&nbsp;</td>
</tr>
<tr>
<td colspan="3" class="clsrow" onclick="clswin();" >&nbsp;<br />
&nbsp;</td>
</tr>
</tbody>
</table>


]

本文へスキップ
ホーム ニュース 教会案内 礼拝放送 教育 ワーシップ賛美 お問合わせ リンク
イメージ写真1

今週の御言葉

今週の御言葉  トップへ
10月14日(日)〜10月20日(土)
(日) 詩篇 54章 トップへ


指揮者のために。弦楽器に合わせて。ダビデのマスキール。ジフの人たちが来て、「ダビデはわれらの所に隠れているではないか。」とサウルに言ったとき

54:1 神よ。御名によって、私をお救いください。あなたの権威によって、私を弁護してください。

54:2 神よ。私の祈りを聞いてください。私の口のことばに、耳を傾けてください。

54:3 見知らぬ者たちが、私に立ち向かい、横暴な者たちが私のいのちを求めます。彼らは自分の前に神を置いていないからです。セラ

54:4 まことに、神は私を助ける方、主は私のいのちをささえる方です。

54:5 神は、私を待ち伏せている者どもにわざわいを報いられます。あなたの真実をもって、彼らを滅ぼしてください。

54:6 私は、進んでささげるささげ物をもって、あなたにいけにえをささげます。主よ。いつくしみ深いあなたの御名に、感謝します。

54:7 神は、すべての苦難から私を救い出し、私の目が私の敵をながめるようになったからです。
































ヘブル 12 : 2

12:2 信仰の創始者であり、完成者であるイエスから目を離さないでいなさい。イエスは、ご自分の前に置かれた喜びのゆえに、はずかしめをものともせずに十字架を忍び、神の御座の右に着座されました。












(月) 詩篇
55章 トップへ

指揮者のために。弦楽器に合わせて。ダビデのマスキール

55:1 神よ。私の祈りを耳に入れ、私の切なる願いから、身を隠さないでください。

55:2 私に御心を留め、私に答えてください。私は苦しんで、心にうめき、泣きわめいています。

55:3 それは敵の叫びと、悪者の迫害のためです。彼らは私にわざわいを投げかけ、激しい怒りをもって私に恨みをいだいています。

55:4 私の心は、うちにもだえ、死の恐怖が、私を襲っています。

55:5 恐れとおののきが私に臨み、戦慄が私を包みました。

55:6 そこで私は言いました。「ああ、私に鳩のように翼があったなら。そうしたら、飛び去って、休むものを。

55:7 ああ、私は遠くの方へのがれ去り、荒野の中に宿りたい。セラ

55:8 あらしとはやてを避けて、私ののがれ場に急ぎたい。」

55:9 主よ。どうか、彼らのことばを混乱させ、分裂させてください。私はこの町の中に暴虐と争いを見ています。

55:10 彼らは昼も夜も、町の城壁の上を歩き回り、町の真中には、罪悪と害毒があります。

55:11 破滅は町の真中にあり、虐待と詐欺とは、その市場から離れません。

55:12 まことに、私をそしる者が敵ではありません。それなら私は忍べたでしょう。私に向かって高ぶる者が私を憎む者ではありません。それなら私は、彼から身を隠したでしょう。

55:13 そうではなくて、おまえが。私の同輩、私の友、私の親友のおまえが。

55:14 私たちは、いっしょに仲良く語り合い、神の家に群れといっしょに歩いて行ったのに。

55:15 死が、彼らをつかめばよい。彼らが生きたまま、よみに下るがよい。悪が、彼らの住まいの中、彼らのただ中にあるから。

55:16 私が、神に呼ばわると、主は私を救ってくださる。

55:17 夕、朝、真昼、私は嘆き、うめく。すると、主は私の声を聞いてくださる。

55:18 主は、私のたましいを、敵の挑戦から、平和のうちに贖い出してくださる。私と争う者が多いから。

55:19 神は聞き、彼らを悩まされる。昔から王座に着いている者をも。セラ 彼らは改めず、彼らは神を恐れない。

55:20 彼は、自分の親しい者にまで手を伸ばし、自分の誓約を破った。

55:21 彼の口は、バタよりもなめらかだが、その心には、戦いがある。彼のことばは、油よりも柔らかいが、それは抜き身の剣である。

55:22 あなたの重荷を主にゆだねよ。主は、あなたのことを心配してくださる。主は決して、正しい者がゆるがされるようにはなさらない。

55:23 しかし、神よ。あなたは彼らを、滅びの穴に落とされましょう。血を流す者と欺く者どもは、おのれの日数の半ばも生きながらえないでしょう。けれども、私は、あなたに拠り頼みます。


























詩篇 55 :22

55:22 あなたの重荷を主にゆだねよ。主は、あなたのことを心配してくださる。主は決して、正しい者がゆるがされるようにはなさらない。
























(火) 詩篇 56章  トップへ

指揮者のために。「遠くの人の、もの言わぬ鳩」の調べに合わせて。ダビデのミクタム。ペリシテ人が、ガテでダビデを捕えたときに

56:1 神よ。私をあわれんでください。人が私を踏みつけ、一日中、戦って、私をしいたげます。

56:2 私の敵は、一日中、私を踏みつけています。誇らしげに私に戦いをいどんでいる者が、多くいます。

56:3 恐れのある日に、私は、あなたに信頼します。

56:4 神にあって、私はみことばを、ほめたたえます。私は神に信頼し、何も恐れません。肉なる者が、私に何をなしえましょう。

56:5 一日中、彼らは私のことばを痛めつけています。彼らの思い計ることはみな、私にわざわいを加えることです。

56:6 彼らは襲い、彼らは待ち伏せ、私のあとをつけています。私のいのちをねらっているように。

56:7 神よ。彼らの不法のゆえに、彼らを投げつけてください。御怒りをもって、国々の民を打ち倒してください。

56:8 あなたは、私のさすらいをしるしておられます。どうか私の涙を、あなたの皮袋にたくわえてください。それはあなたの書には、ないのでしょうか。

56:9 それで、私が呼ばわる日に、私の敵は退きます。神が私の味方であることを私は知っています。

56:10 神にあって、私はみことばをほめたたえます。主にあって、私はみことばをほめたたえます。

56:11 私は、神に信頼しています。それゆえ、恐れません。人が、私に何をなしえましょう。

56:12 神よ。あなたへの誓いは、私の上にあります。私は、感謝のいけにえを、あなたにささげます。

56:13 あなたは、私のいのちを死から、まことに私の足を、つまずきから、救い出してくださいました。それは、私が、いのちの光のうちに、神の御前を歩むためでした。
































詩篇  56 :13

56:13 あなたは、私のいのちを死から、まことに私の足を、つまずきから、救い出してくださいました。それは、私が、いのちの光のうちに、神の御前を歩むためでした。



















(水) 詩篇
57章   トップへ

指揮者のために。「滅ぼすな。」の調べに合わせて。ダビデのミクタム。ダビデがサウルからのがれて洞窟にいたときに

57:1 神よ。私をあわれんでください。私をあわれんでください。私のたましいはあなたに身を避けていますから。まことに、滅びが過ぎ去るまで、私は御翼の陰に身を避けます。

57:2 私はいと高き方、神に呼ばわります。私のために、すべてを成し遂げてくださる神に。

57:3 神は、天からの送りで、私を救われます。神は私を踏みつける者どもを、責めておられます。セラ 神は恵みとまことを送られるのです。

57:4 私は、獅子の中にいます。私は、人の子らをむさぼり食う者の中で横になっています。彼らの歯は、槍と矢、彼らの舌は鋭い剣です。

57:5 神よ。あなたが、天であがめられ、あなたの栄光が、全世界であがめられますように。

57:6 彼らは私の足をねらって網を仕掛けました。私のたましいは、うなだれています。彼らは私の前に穴を掘りました。そして自分で、その中に落ちました。セラ

57:7 神よ。私の心はゆるぎません。私の心はゆるぎません。私は歌い、ほめ歌を歌いましょう。

57:8 私のたましいよ。目をさませ。十弦の琴よ。立琴よ、目をさませ。私は暁を呼びさましたい。

57:9 主よ。私は国々の民の中にあって、あなたに感謝し、国民の中にあって、あなたにほめ歌を歌いましょう。

57:10 あなたの恵みは大きく、天にまで及び、あなたのまことは雲にまで及ぶからです。

57:11 神よ。あなたが、天であがめられ、あなたの栄光が、全世界であがめられますように。







































詩篇 57 :01

57:1 神よ。私をあわれんでください。私をあわれんでください。私のたましいはあなたに身を避けていますから。まことに、滅びが過ぎ去るまで、私は御翼の陰に身を避けます。

























(木) 詩篇 58章   トップへ

指揮者のために。「滅ぼすな。」の調べに合わせて。ダビデのミクタム

58:1 力ある者よ。ほんとうに、おまえたちは義を語り、人の子らを公正にさばくのか。

58:2 いや、心では不正を働き、地上では、おまえたちの手の暴虐を、はびこらせている。

58:3 悪者どもは、母の胎を出たときから、踏み迷い、偽りを言う者どもは生まれたときからさまよっている。

58:4 彼らは、蛇の毒のような毒を持ち、その耳をふさぐ耳しいのコブラのようだ。

58:5 これは、蛇使いの声も、巧みに呪文を唱える者の声も、聞こうとしない。

58:6 神よ。彼らの歯を、その口の中で折ってください。主よ。若獅子のきばを、打ち砕いてください。

58:7 彼らを、流れて行く水のように消え去らせてください。彼が矢を放つときは、それを折れた矢のようにしてください。

58:8 彼らを、溶けて、消えていくかたつむりのように、また、日の目を見ない、死産の子のようにしてください。

58:9 おまえたちの釜が、いばらの火を感じる前に、神は、生のものも、燃えているものも、ひとしくつむじ風で吹き払われる。

58:10 正しい者は、復讐を見て喜び、その足を、悪者の血で洗おう。

58:11 こうして人々は言おう。「まことに、正しい者には報いがある。まことに、さばく神が、地におられる。」



























詩篇  58 :11

58:11 こうして人々は言おう。「まことに、正しい者には報いがある。まことに、さばく神が、地におられる。」






















(金) 詩篇 59章  トップへ

指揮者のために。「滅ぼすな。」の調べに合わせて。ダビデのミクタム。ダビデを殺そうと、サウルが人々を遣わし、彼らがその家の見張りをしたときに

59:1 わが神。私を敵から救い出してください。私に立ち向かう者が届かぬほど、私を高く上げてください。

59:2 不法を行なう者どもから、私を救い出してください。血を流す者どもから、私を救ってください。

59:3 今や、彼らは私のいのちを取ろうと、待ち伏せています。力ある者どもが、私に襲いかかろうとしています。主よ。それは私のそむきの罪のためでもなく、私の罪のためでもありません。

59:4 私には、咎がないのに、彼らは走り回り、身を構えているのです。どうか目をさまして、私を助けてください。どうか、見てください。

59:5 あなたは万軍の神、主。イスラエルの神。どうか目をさまして、すべての国々を罰してください。悪い裏切り者は、だれをもあわれまないでください。セラ

59:6 彼らは、夕べには帰って来て、犬のようにほえ、町をうろつき回る。

59:7 見よ。彼らは自分の口で放言し、彼らのくちびるには、剣がある。そして、「だれが聞くものか。」と言っている。

59:8 しかし主よ。あなたは、彼らを笑い、すべての国々を、あざけられます。

59:9 私の力、あなたを私は、見守ります。神は私のとりでです。

59:10 私の恵みの神は、私を迎えに来てくださる。神は、私の敵の敗北を見せてくださる。

59:11 彼らを殺してしまわないでください。私の民が、忘れることのないためです。御力によって、彼らを放浪させてください。彼らを打ち倒してください。主よ。私たちの盾よ。

59:12 彼らの口の罪は、彼らのくちびるのことばです。彼らは高慢に取りつかれるがよい。彼らの述べる、のろいとへつらいのために。

59:13 激しい憤りをもって滅ぼし尽くしてください。滅ぼし尽くして、彼らをなくしてください。そうして、神が地の果て果てまでもヤコブを治められることを、彼らが知るようにしてください。セラ

59:14 こうして、彼らは夕べには帰って来て、犬のようにほえ、町をうろつき回る。

59:15 彼らは、食を求めて、うろつき回り、満ち足りなければ、うなる。

59:16 しかし、この私は、あなたの力を歌います。まことに、朝明けには、あなたの恵みを喜び歌います。それは、私の苦しみの日に、あなたは私のとりで、また、私の逃げ場であられたからです。

59:17 私の力、あなたに、私はほめ歌を歌います。神は私のとりで、私の恵みの神であられます。






























詩篇 59 :16

59:16 しかし、この私は、あなたの力を歌います。まことに、朝明けには、あなたの恵みを喜び歌います。それは、私の苦しみの日に、あなたは私のとりで、また、私の逃げ場であられたからです。






























(土) 詩篇
60章   トップへ

指揮者のために。「さとしは、ゆりの花。」の調べに合わせて。教えのためのダビデのミクタム。ダビデがアラム・ナハライムやアラム・ツォバと戦っていたとき、ヨアブが帰って来て、塩の谷でエドムを一万二千人打ち殺したときに

60:1 神よ。あなたは私たちを拒み、私たちを破り、怒って、私たちから顔をそむけられました。

60:2 あなたは地をゆるがせ、それを引き裂かれました。その裂け目を、いやしてください。地がぐらついているのです。

60:3 あなたは、御民に苦難をなめさせられました。よろめかす酒を、私たちに飲ませられました。

60:4 あなたは、あなたを恐れる者のために旗を授けられました。それは、弓にかえて、これをひらめかせるためです。セラ

60:5 あなたの愛する者が助け出されるために、あなたの右の手で救ってください。そして私に答えてください。

60:6 神は聖所から告げられた。「わたしは、喜び勇んで、シェケムを分割し、スコテの谷を配分しよう。

60:7 ギルアデはわたしのもの。マナセもわたしのもの。エフライムもまた、わたしの頭のかぶと。ユダはわたしの杖。

60:8 モアブはわたしの足を洗うたらい。エドムの上に、わたしのはきものを投げつけよう。ペリシテよ。わたしのゆえに大声で叫べ。」

60:9 だれが私を防備の町に連れて行くでしょう。だれが私をエドムまで導くでしょう。

60:10 神よ。あなたご自身が私たちを拒まれたのではありませんか。神よ。あなたは、もはや私たちの軍勢とともに、出陣なさらないのですか。

60:11 どうか、敵から私たちを助けてください。まことに、人の救いはむなしいものです。

60:12 神によって、私たちは力ある働きをします。神こそ、私たちの敵を踏みつけられる方です。

































詩篇 60 :02

60:2 あなたは地をゆるがせ、それを引き裂かれました。その裂け目を、いやしてください。地がぐらついているのです。

























御言葉表  トップへ
10月14日(日)〜10月20日(土)

日付 曜日 早天 家庭礼拝
10月14日 (日) 詩   篇 54 ヘ ブ ル
12 :02
10月15日 (月) 詩   篇 55 詩   篇 55 : 22
10月16日 (火) 詩   篇 56 詩   篇 56 : 13
10月17日 (水) 詩   篇 57 詩   篇 57 : 01
10月18日 (木) 詩   篇 58 詩   篇 58 : 11
10月19日 (金) 詩   篇 59 詩   篇 59 : 16
10月20日 (土) 詩   篇 60 詩   篇 60 : 02

御言葉を見るために聖書箇所をクリックしてください。