]

<table id="bc_mv_sou124_tbl">
<tbody>
<tr> <td colspan="3">&nbsp;</td></tr>
<tr> <td style="width:15px;">&nbsp;</td>
<td>
<div id="bc_mv_sou124"></div>
<script type="text/javascript">
jwplayer('bc_mv_sou124').setup({
'id': 'bc_mv_sou124',
'title': '金曜礼拝 再放送',
'image': 'image/frimage.jpg',
'width': '400',
'height': '300',
'provider': 'rtmp',
'streamer': 'rtmp://220.110.172.236:1935/vod',
'file': '20160624souten.mp4',
'modes': [
{type: 'flash', src: '/js/player.swf'},
{type: 'html5', config:
{'file': "http://220.110.172.236:1935/vod/mp4:20160624souten.mp4/playlist.m3u8",
provider: 'video'
}
}
],
'plugins': 'gapro',
'gapro.accountid': 'UA-34530537-1'
});
</script>
</td>
<td style="width:15px;">&nbsp;</td>
</tr>
<tr>
<td colspan="3" class="clsrow" onclick="clswin();" >&nbsp;<br />
&nbsp;</td>
</tr>
</tbody>
</table>


]

本文へスキップ
ホーム ニュース 教会案内 礼拝放送 教育 ワーシップ賛美 お問合わせ リンク
イメージ写真1

今週の御言葉

今週の御言葉  トップへ
01月20日(日)〜01月26日(土)
(日) 詩篇 131章 トップへ


都上りの歌。ダビデによる

131:1 主よ。私の心は誇らず、私の目は高ぶりません。及びもつかない大きなことや、奇しいことに、私は深入りしません。

131:2 まことに私は、自分のたましいを和らげ、静めました。乳離れした子が母親の前にいるように、私のたましいは乳離れした子のように御前におります。

131:3 イスラエルよ。今よりとこしえまで主を待て。
















ヨハネ 16 : 13〜16

16:13 しかし、その方、すなわち真理の御霊が来ると、あなたがたをすべての真理に導き入れます。御霊は自分から語るのではなく、聞くままを話し、また、やがて起ころうとしていることをあなたがたに示すからです。

16:14 御霊はわたしの栄光を現わします。わたしのものを受けて、あなたがたに知らせるからです。

16:15 父が持っておられるものはみな、わたしのものです。ですからわたしは、御霊がわたしのものを受けて、あなたがたに知らせると言ったのです。

16:16 しばらくするとあなたがたは、もはやわたしを見なくなります。しかし、またしばらくするとわたしを見ます。」










(月) 詩篇
132章 トップへ

都上りの歌

132:1 主よ。ダビデのために、彼のすべての苦しみを思い出してください。

132:2 彼は主に誓い、ヤコブの全能者に誓いを立てました。

132:3 「私は決して、わが家の天幕にはいりません。私のために備えられた寝床にも上がりません。

132:4 私の目に眠りを与えません。私のまぶたにまどろみをも。

132:5 私が主のために、一つの場所を見いだし、ヤコブの全能者のために、御住まいを見いだすまでは。」

132:6 今や、私たちはエフラテでそれを聞き、ヤアルの野で、それを見いだした。

132:7 さあ、主の住まいに行き、主の足台のもとにひれ伏そう。

132:8 主よ。立ち上がってください。あなたの安息の場所に、おはいりください。あなたと、あなたの御力の箱も。

132:9 あなたの祭司たちは、義を身にまとい、あなたの聖徒たちは、喜び歌いますように。

132:10 あなたのしもべダビデのために、あなたに油そそがれた者の顔を、うしろへ向けないでください。

132:11 主はダビデに誓われた。それは、主が取り消すことのない真理である。「あなたの身から出る子をあなたの位に着かせよう。

132:12 もし、あなたの子らが、わたしの契約と、わたしの教えるさとしを守るなら、彼らの子らもまた、とこしえにあなたの位に着くであろう。」

132:13 主はシオンを選び、それをご自分の住みかとして望まれた。

132:14 「これはとこしえに、わたしの安息の場所、ここにわたしは住もう。わたしがそれを望んだから。

132:15 わたしは豊かにシオンの食物を祝福し、その貧しい者をパンで満ち足らせよう。

132:16 その祭司らに救いを着せよう。その聖徒らは大いに喜び歌おう。

132:17 そこにわたしはダビデのために、一つの角を生えさせよう。わたしは、わたしに油そそがれた者のために、一つのともしびを備えている。

132:18 わたしは彼の敵に恥を着せる。しかし、彼の上には、彼の冠が光り輝くであろう。」





















詩篇 132 :13

132:13 主はシオンを選び、それをご自分の住みかとして望まれた。

























(火) 詩篇 133章  トップへ

都上りの歌。ダビデによる

133:1 見よ。兄弟たちが一つになって共に住むことは、なんというしあわせ、なんという楽しさであろう。

133:2 それは頭の上にそそがれたとうとい油のようだ。それはひげに、アロンのひげに流れてその衣のえりにまで流れしたたる。

133:3 それはまたシオンの山々におりるヘルモンの露にも似ている。主がそこにとこしえのいのちの祝福を命じられたからである。


















詩篇  133 :01

133:1 見よ。兄弟たちが一つになって共に住むことは、なんというしあわせ、なんという楽しさであろう。















(水) 詩篇
134章   トップへ

都上りの歌

134:1 さあ、主をほめたたえよ。主のすべてのしもべたち、夜ごとに主の家で仕える者たちよ。

134:2 聖所に向かってあなたがたの手を上げ、主をほめたたえよ。

134:3 天地を造られた主がシオンからあなたを祝福されるように。























詩篇 134 :03

134:3 天地を造られた主がシオンからあなたを祝福されるように。





















(木) 詩篇 135章   トップへ

135:1 ハレルヤ。主の御名をほめたたえよ。ほめたたえよ。主のしもべたち。

135:2 主の家で仕え、私たちの神の家の大庭で仕える者よ。

135:3 ハレルヤ。主はまことにいつくしみ深い。主の御名にほめ歌を歌え。その御名はいかにも麗しい。

135:4 まことに、主はヤコブを選び、ご自分のものとされ、イスラエルを選んで、ご自分の宝とされた。

135:5 まことに、私は知る。主は大いなる方、私たちの主はすべての神々にまさっておられる。

135:6 主は望むところをことごとく行なわれる。天で、地で、海で、またすべての淵で。

135:7 主は地の果てから、雲を上らせ、雨のためにいなずまを造り、その倉から風を出される。

135:8 主はエジプトの初子を人から獣に至るまで打たれた。

135:9 エジプトよ。おまえのまっただ中に、主はしるしと奇蹟を送られた。パロとそのすべてのしもべらに。

135:10 主は多くの国々を打ち、力ある王たちを殺された。

135:11 エモリ人の王シホン、バシャンの王オグ、カナンのすべての王国を。

135:12 主は彼らの地を、相続の地とし、御民イスラエルに相続の地として与えられた。

135:13 主よ。あなたの御名はとこしえまで、主よ。あなたの呼び名は代々に及びます。

135:14 まことに、主はご自分の民をさばき、そのしもべらをあわれまれます。

135:15 異邦の民の偶像は、銀や金で、人の手のわざです。

135:16 口があっても語れず、目があっても見えません。

135:17 耳があっても聞こえず、また、その口には息がありません。

135:18 これを造る者もこれに信頼する者もみな、これと同じです。

135:19 イスラエルの家よ。主をほめたたえよ。アロンの家よ。主をほめたたえよ。

135:20 レビの家よ。主をほめたたえよ。主を恐れる者よ。主をほめたたえよ。

135:21 ほむべきかな。主。シオンにて。エルサレムに住む方。ハレルヤ。


























詩篇  135 :07

135:7 主は地の果てから、雲を上らせ、雨のためにいなずまを造り、その倉から風を出される。


















(金) 詩篇 136章  トップへ

136:1 主に感謝せよ。主はまことにいつくしみ深い。その恵みはとこしえまで。

136:2 神の神であられる方に感謝せよ。その恵みはとこしえまで。

136:3 主の主であられる方に感謝せよ。その恵みはとこしえまで。

136:4 ただひとり、大いなる不思議を行なわれる方に。その恵みはとこしえまで。

136:5 英知をもって天を造られた方に。その恵みはとこしえまで。

136:6 地を水の上に敷かれた方に。その恵みはとこしえまで。

136:7 大いなる光を造られた方に。その恵みはとこしえまで。

136:8 昼を治める太陽を造られた方に。その恵みはとこしえまで。

136:9 夜を治める月と星を造られた方に。その恵みはとこしえまで。

136:10 エジプトの初子を打たれた方に。その恵みはとこしえまで。

136:11 主はイスラエルをエジプトの真中から連れ出された。その恵みはとこしえまで。

136:12 力強い手と差し伸ばされた腕をもって。その恵みはとこしえまで。

136:13 葦の海を二つに分けられた方に。その恵みはとこしえまで。

136:14 主はイスラエルにその中を通らせられた。その恵みはとこしえまで。

136:15 パロとその軍勢を葦の海に投げ込まれた。その恵みはとこしえまで。

136:16 荒野で御民を導かれた方に。その恵みはとこしえまで。

136:17 大いなる王たちを打たれた方に。その恵みはとこしえまで。

136:18 主は力ある王たちを、殺された。その恵みはとこしえまで。

136:19 エモリ人の王シホンを殺された。その恵みはとこしえまで。

136:20 バシャンの王オグを殺された。その恵みはとこしえまで。

136:21 主は彼らの地を、相続の地として与えられた。その恵みはとこしえまで。

136:22 主のしもべイスラエルに相続の地として。その恵みはとこしえまで。

136:23 主は私たちが卑しめられたとき、私たちを御心に留められた。その恵みはとこしえまで。

136:24 主は私たちを敵から救い出された。その恵みはとこしえまで。

136:25 主はすべての肉なる者に食物を与えられる。その恵みはとこしえまで。

136:26 天の神に感謝せよ。その恵みはとこしえまで。

















詩篇 136 :26

136:26 天の神に感謝せよ。その恵みはとこしえまで。












(土) 詩篇
137章   トップへ

137:1 バビロンの川のほとり、そこで、私たちはすわり、シオンを思い出して泣いた。

137:2 その柳の木々に私たちは立琴を掛けた。

137:3 それは、私たちを捕え移した者たちが、そこで、私たちに歌を求め、私たちを苦しめる者たちが、興を求めて、「シオンの歌を一つ歌え。」と言ったからだ。

137:4 私たちがどうして、異国の地にあって主の歌を歌えようか。

137:5 エルサレムよ。もしも、私がおまえを忘れたら、私の右手がその巧みさを忘れるように。

137:6 もしも、私がおまえを思い出さず、私がエルサレムを最上の喜びにもまさってたたえないなら、私の舌が上あごについてしまうように。

137:7 主よ。エルサレムの日に、「破壊せよ、破壊せよ、その基までも。」と言ったエドムの子らを思い出してください。

137:8 バビロンの娘よ。荒れ果てた者よ。おまえの私たちへの仕打ちを、おまえに仕返しする人は、なんと幸いなことよ。

137:9 おまえの子どもたちを捕え、岩に打ちつける人は、なんと幸いなことよ。























詩篇 137 :01

137:1 バビロンの川のほとり、そこで、私たちはすわり、シオンを思い出して泣いた。






















御言葉表  トップへ
01月20日(日)〜01月26日(土)

日付 曜日 早天 家庭礼拝
01月20日 (日) 詩   篇 131 詩   篇
36 :08〜09
01月21日 (月) 詩   篇 132 詩   篇 132 : 13
01月22日 (火) 詩   篇 133 詩   篇 133 : 01
01月23日 (水) 詩   篇 134 詩   篇 134 : 03
01月24日 (木) 詩   篇 135 詩   篇 135 : 07
01月25日 (金) 詩   篇 136 詩   篇 136 : 26
01月26日 (土) 詩   篇 137 詩   篇 137 : 01

御言葉を見るために聖書箇所をクリックしてください。